アサヒ交配 ニューノーベル(ほうれん草の種)直売所で注目の売れる野菜の種ならアサヒのぐるタネにおまかせ!

トップページ > 野菜種 > 葉菜類 > ほうれん草 > アサヒ交配 ニューノーベル(ほうれん草の種)

ニューノーベル(ほうれん草)【タネ】
ニューノーベル(ほうれん草)【タネ】

耐病・早収・大葉・多収
アサヒ交配 ニューノーベル(ほうれん草の種)

内容量 35ml (約800粒)

当店特別価格250円(消費税込:270円)

[3 Pointプレゼント]

内容量を選択してください。

ただいま準備中です。まき時期が近くなるまでお待ちください。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

【特性】

洋種の輸入一代交配種で、丸粒です。
秋・冬・春まきに好適で、その他の季節にも適します。
生育が非常に早く、温暖期には30日位で収穫期に入ります。
葉は楕円、欠刻がありません。鮮緑色で美しく、根際は紅色で甘味に富み食味が優れ、収量が多い。
耐病性に強く、葉伸びと株張りがよく、束ねやすいので市場性が高い品種です。
晩秋まき、冬期〜早春のトンネル栽培には特に優秀性を発揮し、生育がよいです。


【栽培方法】

<タネまき>
一週間前に土作りした畝に十分水やりします。支柱などを使って深さ約1cmのまき溝をつけます。
1cm間隔でタネをまき、土をかぶせて手のひらで軽く押さえ、たっぷりと水を与えます。

☆畝の表面やまき溝に凸凹があったり、かぶせる土の厚さが均一でなかったりすると、発芽しなかったり、発芽しても傷んでしまったりすることがあります。うねの表面は丁寧にならし、まき溝をきっちりとつけ、覆土(ふくど)を均一にして発芽を揃えましょう。

<間引き・追肥>
【1回目の間引き】
小葉が展開したら、発芽遅れ、徒長したもの、混みすぎている苗を間引きし、がっちりした苗を残します。

【2回目の間引き】
本葉1〜2枚ごろ、株間3cm位になるように間引きします。条間に化成肥料50g/uを施し覆土します。

【3回目の間引き】
本は4〜5枚ごろ、株間4〜5cmに間引きし、前回同様に追肥します。

<収穫>
草丈15cmほどになるころから順次収穫しましょう。草丈25cm〜30ほどになったら収穫適期です。

株ごと抜き取ってからハサミで根を切り落とすか、ハサミの刃先を土中に入れ、根を少し切りつけて切り落としましょう。