伝統野菜 次郎丸法蓮草(ほうれん草の種)直売所で注目の売れる野菜の種ならアサヒのぐるタネにおまかせ!

トップページ > 野菜種 > 葉菜類 > ほうれん草 > 伝統野菜 次郎丸法蓮草(ほうれん草の種)

伝統野菜 次郎丸ほうれんそう【タネ】
伝統野菜 次郎丸ほうれんそう【タネ】

あいちの伝統野菜シリーズ
伝統野菜 次郎丸法蓮草(ほうれん草の種)

内容量 40ml (約800粒)

当店特別価格300円(消費税込:324円)

[3 Pointプレゼント]

内容量を選択してください。

ただいま準備中です。まき時期が近くなるまでお待ちください。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

あいちの伝統野菜シリーズ

【来歴】

稲沢市治郎丸が原産地とされています。昭和の初め頃、在来の品種と洋種(ホーランジャ)を自然交配し誕生しました。


【特長】

根部の桃色が鮮やかで、特有の香りがします。気温の低い時期に作るといっそう甘みが増します。


【おいしい食べ方】

沸とうした湯で手早くゆでて水切りし、急冷すると色鮮やかなおひたしができます。濃いめのだしで食べます。和洋中いろいろな料理の緑葉野菜として重宝です。


【栽培のポイント】

9月上旬から11月上旬がは種適期です。
10月から2月中旬にかけて収穫できます。
低温期の栽培は、トンネル被覆をします。
作付け前に苦土石灰を10m²当たり1〜1.5kg施します。
は種量は、10m²当たり1.2〜1.5dl。