八ッ房唐辛子(とうがらしの種)【固定種】直売所で注目の売れる野菜の種ならアサヒのぐるタネにおまかせ!

トップページ > 野菜種 > 果菜類 > ししとう・とうがらし > 八ッ房唐辛子(とうがらしの種)【固定種】

八ッ房とうがらし【タネ】
八ッ房とうがらし【タネ】

草勢強健で作りやすい 群生状に着果する豊産種。
八ッ房唐辛子(とうがらしの種)【固定種】

内容量 3ml

当店特別価格300円(消費税込:324円)

[3 Pointプレゼント]

内容量を選択してください。

ただいま準備中です。まき時期が近くなるまでお待ちください。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

草勢強健で作りやすい 群生状に着果する豊産種。

【特性】

辛みが強く、調味用や乾果用などとして利用する中生種の唐辛子です。果実は長さ6〜7cm位で、鮮紅色を帯び、房状で上向きに着果します。草勢強健で非常に作りやすく、家庭菜園にも最適です。


【利用法】

果、種子共に辛味強く、通常感想させて香辛料とし、各種料理に利用します。


【土づくり】

定植前に苦土石灰等を散布し深くよく耕し土を中和させておきます。
肥料は元肥に堆肥、油かす、化成肥料を施します。


【たねまき】

苗床にスジまきするかポットに2〜3粒点まきします。
タネがかくれる程度土をかけ、発芽まで土が乾燥しないように水を与えます。


【栽培のポイント】

本葉5〜6枚の頃うね幅1m株間50cmに定植します。
一番果が着果し始めた頃より10〜14日の間隔で化成肥料を1握り株元へ追肥します。