白れいし・沖縄白苦瓜(ゴーヤの種)直売所で注目の売れる野菜の種ならアサヒのぐるタネにおまかせ!

トップページ > 野菜種 > 果菜類 > 白れいし・沖縄白苦瓜(ゴーヤの種)

白ゴーヤの種

丸くてかわいい♪【タネ】
白れいし・沖縄白苦瓜(ゴーヤの種)

内容量 5ml(約7粒)

当店特別価格450円(消費税込:486円)

[5 Pointプレゼント]

内容量を選択してください。

ただいま準備中です。まき時期が近くなるまでお待ちください。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

まるくてかわいい白ゴーヤの種

【白ゴーヤの特性】

白く、太短い白ゴーヤの種です。
比較的苦みが少ないのでお子様でも食べやすく、白く可愛らしい姿は直売所でも目立ちます。

また、ゴーヤの果実が白く見つけやすいので、とり逃しによる腐りも少ないと好評の野菜です。

【ゴーヤの栽培方法】

<苗づくり>
☆タネの先端を爪切りなどで少しカットし、ぬるま湯に一昼夜浸しておくと発芽しやすくなります。ゴーヤは熱帯の野菜ですので25〜30℃を確保することで発芽しやすくなります。逆に寒い時期は発芽・生育にストレスとなり悪影響を及ぼす場合があります。
9cm(3号)ポットにタネを2〜3粒まき、本葉2枚のときに間引きし、1本にします。
苗が徒長しやすいので水のやりすぎに注意しましょう。土の表面が乾いたら、午前中にたっぷりと潅水すると良いです。本葉3〜4枚が定植適期です。

<土作り・支柱立て>
畝を立て、マルチを張ります。支柱を畝に沿って50〜60cm間隔程でさし、畝の長さと同じ程の長さの支柱2本を上と下に横に渡して補強する。園芸用ネットを張り、ひもで支柱に留めます。

<植えつけ>
株間50〜60cm程で、苗を植えつける。植えつけ前後にたっぷり水やりしましょう。
苗から少し離れたところに長さ40〜50cm程の細い支柱を斜めにさし、茎をひもで留める。

<摘心・誘引・整枝>
本葉7〜8枚で親づるの先を切り(摘心)、子づるを伸ばす。初めはつるをネットに誘引するが、自然に絡むようになったら放任してよいです。支柱の高さよりもつるが伸びたら先端を切り、葉やつるが混んだ部分をすいて風通しが良くなるようすっきりさせます。

<追肥・中耕(ちゅうこう)>
植えつけの2週間後から2週間ごとに、マルチをはがして化成肥料を追肥し、中耕後、マルチを元に戻しましょう。

<人工授粉>
気温が高くなれば自然に受粉するようになりますが、昆虫の働きが鈍い低温期は、人工授粉が効果的です。
雄花を摘み取って雄しべを雌しべの先端につけて受粉させます。花粉が多くでる午前9時頃までに行うと良いでしょう。

<収穫>
開花から20〜25日後、品種特有の大きさになったら、へたの部分から切り取ります。

【ゴーヤ栽培のポイント】
☆果実は親づるよりも、子づるや孫づるに多くつきますので、本葉7〜8枚になったら早めに親づるを摘心し、子づるをのばしましょう。
☆葉の数が多く蒸散(葉から水分が蒸発すること)が激しいので、土が乾燥しやすい夏は、朝晩2回水やりをすると良いでしょう。こまめに水やりすることが大切です。