木曽紫蕪(かぶの種)【固定種】直売所で注目の売れる野菜の種ならアサヒのぐるタネにおまかせ!

トップページ > 野菜種 > 根菜類 > カブ > 木曽紫蕪(かぶの種)【固定種】

木曽紫かぶ【タネ】
木曽紫かぶ【タネ】

【長野県の伝統野菜】寒さに強い!
木曽紫蕪(かぶの種)【固定種】

内容量 10ml

当店特別価格250円(消費税込:270円)

[3 Pointプレゼント]

内容量を選択してください。

ただいま準備中です。まき時期が近くなるまでお待ちください。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

長野県の伝統野菜!

【特性】

本種は木曽地方の特産で、極めて耐寒、耐雪性に強く、丈夫で作り易い優良品種です。特に寒地の方面では人気が高く、葉は濃緑色を帯び、茎・根部共に赤紫色を帯びています。根部は径10cm高さ5cm位で扁円形を呈し、皮肌の光沢抜群です。
肉質は緻密で甘味強く、漬物として食味(栄養価)満点です。

【栽培法】

通常、畦巾60cm位に条蒔し、発芽後適宜間引いて株間を20cm位にします。水捌けの良い場所をよく耕すことが重要です。
肥料は堆肥・油粕・硫安・化成肥料等を施します。
蕪の太りを良くするには、間引きを早目にすることがコツです。