交配種とは?

Q:交配種って何?

 

A.

親と呼ばれる「性質の異なる品種」を掛け合わせて作った一代雑種で、固定種に比べ大きさや生育スピード、外観がそろいやすいのが特徴です。一斉収穫したり、均質なものを求められる生産者の方は交配種の種を使うことが多いとされています。交配種は自家採種には向かず、その種子から青果を栽培し、種子(F2)を採種したとしても多くの株に異なる性質が現れます。

まれに「遺伝子組み換え」等と誤解されがちですが、元来自然界で交雑(別の花粉を受粉)しうるものを、交雑する花粉を選んで交雑させているため、自然の摂理に反しているわけではありません。
最近では赤い水菜、短い大根、オレンジ白菜などたくさんの珍しい品種が発表されていますが、元々ある「固定種」を素材として組み合わせて交配していくものが交配種と呼ばれます。

 

アサヒ農園 オリジナル種子はコチラ

 

 

 

0 COMMENT