栽培(育て方)のポイント - Page 4 of 6 - ぐるタネ野菜図書館

露地メロンの栽培方法

<苗を作り植える> 買う苗はカボチャ台に接木した苗を選びます。苗作りは畑に植える30~35日前にプラスチック箱や容器、木箱に径13~15cmのポリ鉢で苗作りをします。鉢に入れる土は前もって有機質肥料など多く加えて準備しましょう。葉が3~4枚の若苗を植えます。植え終わって割り箸などを株元に立て株を支えます。   <手入れ...
READ MORE

スイカについて・・・

<種をまく> 盛り上がった床に4~5粒ずつ種をまき、5mmほど土をかぶせ、水を十分にやったらホットキャップ(針金などをU字形に曲げ、十文字に交差させて土に差し込みビニールをかぶせる)で保温します。本数が少ないときは、苗を購入して植えつけると簡単で便利です。 <整枝をする> 親づると株元から伸びる子づるを2~3本残し、そのほかの子づる...
READ MORE

ピーマンの栽培方法

栽培方法(ピーマン) ・土つくり 一週間前(溝施肥) 苦土石灰:100~150g/㎡ 堆肥:3~4kg/㎡ 化成肥料:100~200g/㎡ 熔リン:50g/㎡ ※文中にある数字はあくまで目安ですので栽培者の環境に合わせて調節してください。   <苗えらび> 大きさは本葉7~8枚、節間が短く、太いも...
READ MORE

ナスの栽培方法

<土つくり> 一週間前(溝施肥) 苦土石灰:100~150g/㎡ 堆肥:3~4kg/㎡ 化成肥料:100~200g/㎡ 熔リン:50g/㎡ ※文中にある数字はあくまで目安ですので栽培者の環境に合わせて調節してください。   <苗つくり> 播種は平均気温17℃以上が確保できる時期に定植期を設定し、そこから...
READ MORE

キュウリの栽培方法

<土つくり> 一週間前(全面施肥) 苦土石灰:100~150g/㎡ 堆肥:3~4kg/㎡ 化成肥料:100~200g/㎡ 熔リン:50g/㎡ ※文中にある数字はあくまで目安ですので栽培者の環境に合わせて調節してください。   <種まき> 直まきする場合は、1ヶ所に4~5粒ずつ、2cmほどの深さに...
READ MORE

トマトについて・・・

<苗を用意する> 苗は市販のものを用います。種苗店などで本葉が7~8枚ついた、大きいしっかりしたものを選んで購入します。節が間伸びして丈ばかり長いものや、葉の色が悪いものは育ちがよくないので避けましょう。   <苗を植えつける> 植え付けの前日に、畝に50~60cm間隔で植え穴(直径約30cm)を掘り、液肥をたっぷり...
READ MORE

ソラマメの栽培方法

<種まき> 初霜の10日ほど前が目安で暖地は10月下旬、温暖地は10月中旬頃。条間120cm、株と株の間30cmごと2~3粒を黒い部分を下にして押し込みます。浅いと芽の出る時、種が土から浮くので、また土をかけましょう。マメ類は播種した後、鳥害が多いので育苗して定植するのも良いでしょう。   <苗作り> 直径9cm...
READ MORE

ネギの栽培方法

<土づくり> 畑の一部を耕し、1㎡あたり150gの苦土石灰を混ぜ、堆肥3kgと化成肥料100gをすき込んで苗床をつくります。 <苗づくり> 種は一晩水に浸しておくと発芽が揃いやすくなります。 苗床に10cm程の間隔ですじまきし、土を薄く(約5mm)かぶせて敷きわらをしましょう。 1週間ほどで発芽するので、発芽したら敷き...
READ MORE

コマツナについて・・・

<種をまく> 平らにならした畝の表面に板きれなどで、15cm間隔の溝(幅1cm、深さ2cm)を作ります。そこに1.5cm間隔で溝いっぱいに種をまきます。まいたらワクなどで薄く(5mmほど)土をかぶせ、乾燥に気をつけて水やりします。 秋まきの場合は、9~11月にかけて少しずつまきどきをずらせば、翌年の2月頃まで収穫が楽しめます。 <間...
READ MORE

チンゲンサイについて・・・

<種まき> コンテナに鉢底石を敷き、培養土を入れる。15cm間隔で深さ1cm程度の 溝を2列つけ、1cm間隔でまく。土を溝の両側から寄せて手で軽く押さえ、底から流れでるまで、たっぷりと水をやる。 <間引き・追肥・土寄せ> 双葉が開いたら3cm間隔に間引き・土寄せ(1回目)。本葉3~4枚で6cm間隔に(2回目)、本葉5~6枚で12c...
READ MORE