各月のタスクリスト - Page 5 of 6 - ぐるタネ野菜図書館

夏野菜の植え付け、種まきスタート

ゴールデンウイーク頃からトマト、ナス、キュウリなど夏野菜の植え付けが可能になります。連休で羽を伸ばすように、夏野菜も狭いポットからお引越しです♪寒さに弱いゴーヤの植え付け、オクラのタネまきもできます。
READ MORE

夏野菜の苗を入手しましょう

ホームセンターでは徐々に夏野菜の苗が並び始めます。完成する野菜の写真をみて、どれにしようか考えるだけでもワクワクしますね♪品種がそろい、苗の状態が良いうちに入手しましょう。家に持ち帰り…すぐに植えたい気持ちは抑えてくださいね(笑) 小さい苗はポットのまま、日当たりがよく霜の当たらない軒下などで管理しましょう。15~20cmくらいの背...
READ MORE

そのイチゴ!鳥も狙ってますよ!!

4月下旬になると一斉に開花し始めます。早いもので2週間後には収穫できるので、楽しみですね。しかし色づき始め、美味しそうに見えるのは人間だけではないようです(笑)遠くから鳥が狙いを定め、食べてしまうので安心はできません。早めに防鳥ネットなどの対策をしましょう。
READ MORE

野菜の成長を見守りながら、踏ん張り時です!!

気温が上がり始め、活動的になる季節ですね♪ 野菜も喜んでいる季節でしょう。 しかし成長期の野菜がほとんどのため、1年を通じて最も収穫する野菜の少ない時期です。夏野菜の栽培に向けて雑作業ばかり…踏ん張り時ですよ!! ところで、野菜に変化はありませんか?エンドウ類はツルが伸びてくるので誘引するために支柱を立て、ネットやひもを張っておきま...
READ MORE

越冬野菜の追肥の時期です

暖かくなり越冬野菜が、ぐんぐん成長します。このタイミングで栄養を与えましょう。 イチゴとタマネギには、2回目の追肥です。特にタマネギは株が大きくなる時期なので、追肥と土寄せが大切です。
READ MORE

ジャガイモの植え付け

一般地の植え付け適期は3月上~下旬です。ジャガイモには、pH5.0~6.0の弱酸性の土壌が適しているので、基本的には酸度調整は不要です。堆肥は種イモの間に施すので、すぐに植えても大丈夫です。しかし強い酸性土壌の場合は、植え付けの1週間以上前には、苦土石灰を散布し、よく馴染ませておきましょう。
READ MORE

馴染ませるのに1~2週間かかる土づくり

土づくりにかかる期間は1~2週間です。肥料をあげて直ぐに植えたり、蒔いたりすると、土の影響を受けやすく、うまく育たない事がありますので、植え付けの時期に間に合うよう、早めに土づくりを行い1~2週間馴染ませましょう。肥料は多ければ良く育つと思う方も多いですが、多すぎると、実がつかなかったり、おいしくなくなったりしますので、ほどほどにしましょ...
READ MORE

この時期に追肥をするものもあります。

少しずつ暖かくなり始め、越冬野菜も生育し始めます。イチゴやエンドウには、追肥をします。 豆類は全般的に肥料が少なくても良いです(^^) エンドウ類とインゲンは茎葉を大きく伸ばすので、他の豆類より多めにあげてください。
READ MORE

ニンジンもそろそろ全て収穫しましょう

遅くまで畑に置いたままにできるニンジンですが、中旬までに収穫を終えるようにしましょう。 遅くなると、花を咲かそうととうが立ち始め、芯がかたくなり、味が落ちてしまいます(;_+)
READ MORE

トマトやナスの苗作りスタート!

一般的に苗は買うものというイメージだと思いますが、自分でも作ることができます。 トマトやナスなど、主な夏野菜の植え付け適期は、ゴールデンウイーク頃が一般的。 これに間に合うようにポットに種をまいて、苗を作ればOK(*^^)b 季節はずれなので暖かい場所で育ててくださいね♪
READ MORE