9月のタスクリスト - ぐるタネ野菜図書館

効果的な肥料の与え方

  葉菜類・果菜類・根菜類というカテゴリに以外にも野菜の種類によって養分の吸収の仕方が違います。肥料を与えなくても野菜ができる場合はありますが、良い野菜を作るためには「野菜の品目に応じた肥料計画」をする必要があります。   基本的な考え方は3つ 「前半型」「コンスタント型」「後半型」 これから作る野菜がどのタイプな...
READ MORE

タネの選び方【タマネギ基礎編】

タマネギと言っても各メーカーがたくさんの品種を発売しております。 なかなか自分に合ったタマネギを見つけるのが難しくなっていますね。   今回は「タマネギの選び方 基礎編」です。 「タマネギを作りたい!けど選び方が分からない!」 そんな方の参考になればと思います。(^^)/   ...
READ MORE

サトイモ以外の夏野菜を、ほぼ終了させる

長い期間収穫を続けてきたナス、ゴーヤ、ピーマンは順調ですか(^^)? 10月中旬頃まで収穫できますが、気温が下がってきたので品質が落ちてきます。 次の秋冬野菜の栽培も始まりますので、 9月下旬~10月上旬で終わりにして、畑を空けましょう。
READ MORE

ハクサイの植え付けスタート

9月中旬~下旬が植え付け適期のハクサイは、 10月中旬には葉が20枚ほどになっていないといけません。 期間が短いので忘れないようにしてくださいね。 苗が手に入らない場合は、8月下旬~9月上旬にポットまきして、自分で苗を作りましょう♪
READ MORE

台風対策

暑さが和らいで過ごしやすくなってきた頃、忘れてはいけない台風がやってきます。 連日の雨だけではなく、強風にも気をつけなければなりません。 ピーマンやナスは数株まとめて寒冷紗や防虫ネットで覆い、上からひもで縛っておきます。 支柱を立てた野菜が残っている場合は、支柱を追加して補強しましょう。 野菜以外にも普段から使って...
READ MORE

水やりは適度に行いましょう。

植物はただ水を毎日あげればいいものではありません。あげ過ぎると背丈だけ大きくなってうまく成長してくれません。 水やりの基本は、「土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷり」あげることです。 午前中に行います。夏なら早朝か夜、冬は暖かい午前中の方が良いでしょう。  一度にあげる水の量は、生育期であれば「鉢底から流れ出...
READ MORE

秋冬野菜は間引き・追肥・土寄せを確実に

葉菜類と根菜類が中心の秋冬野菜は、種のじかまきが多くなります。とくにダイコンなどの直根性の野菜は、じかまきが鉄則!! 種まき後は、発芽するまで乾燥しないよう、水やりをしましょう。発芽して芽がでてきたら、のびのびと成長できるように間引きをしましょう。他にも野菜に合わせて追肥、土寄せを行い、環境を整えます。
READ MORE

夏野菜との相性を考えて品目選定をしましょう。

畑で栽培させる方は、前作に何をつくっていたか考えて連作をさせた作付け計画を立てます。前の野菜の影響であとの野菜がうまく育たないことを連作障害と言います。 相性の良い野菜はこちら!! ナス→えんどう トマト→ブロッコリ きゅうり→いんげん ミニトマト→コマツナ カボチャ→白菜 ズッキーニ キャベツ エダマメ→秋ジャガ とう...
READ MORE

冬野菜はスタートダッシュが肝心!

9月はナスなど夏から継続して収穫できるものを除き、秋野菜の生育初期、あるいはタネまき前に当たります。タネまきは適期を逃さないように注意しましょう。少しの遅れが生育に大きな影響を及ぼすことがあります。今から蒔く野菜はこちら!!! ダイコン、かぶ、しゅんぎく、ナバナ、野沢菜、レタス
READ MORE

秋まき野菜用の畑の準備はお済ですか?

タネをすぐに蒔きたい気持ちも分かりますが、その前に土づくりが必要です。よい子を育てるためにも環境を整えるように努めてください。 具体的にはこちら!!!
READ MORE