高原秋縞色付いてきました!!2016/06/21

4月下旬播種の高原秋縞いんげんのサヤに紫縞模様が入ってきました!!

 

そろそろ収穫期ですね(^^)/

高原秋縞

そもそも高原秋縞という名前

昼夜の寒暖の差の大きい高原で育つことにより、特徴的な縞が色濃くなり、

特に秋に鮮やかな模様ができるということからきます。

またこの紫縞はアントシアニン系色素で、栄養価も高いインゲンです。

加熱すると色が消えるのが悲しいですが・・・(-_-;)

アントシアニン系色素は80%残存する事がわかっていますので、ご安心ください!!

 

茹でて和え物やサラダ、炒め物、煮物など色々な料理で楽しめます。

商品ページはこちら

「高原秋縞」

(タネ現在準備中)


カテゴリー:未分類

この記事へのコメント

*

アサヒのぐるタネ
ぐるタネ 初めての方の野菜図書館