野菜の種 専門通販サイト アサヒのぐるタネ

カート

伝統野菜

詳しく知りたい野菜をクリックしてください

伝統野菜とは?
野菜達には、日本全国様々な地域で愛され、独自の進化を遂げた野菜達が沢山あります。そんな野菜達を「ぐるタネ」は伝統野菜という形で紹介しています。
あなたの出身地や、お住まいの地域で愛されてきた野菜達を一度作ってみませんか?野菜達を通じて故郷の匂い、感じてみて下さいね。

地図上部
地図下部
  • 北海道

    北海道

    札幌大玉キャベツ

    北海道
    札幌大玉キャベツ

    札幌大球キャベツは、直径50〜60cmもあり、重さは20kgにもなります。それがお店に所狭しと並んでいる風景は、北海道の人は秋の漬物シーズンを知らせる季節の風物詩ですが、始めてみる人にとっては、信じれない風景かもしれません。

  • 東北

    東北

    秋田大根

    秋田県
    秋田大根

    根がやや太く、長いのが特徴。形がきれいでよく整い、肉質は固い為に漬物用として適しています。甘味と辛味も強く風味豊かな漬物となる品種です。

ページ上部へ戻る

関東

  • 下仁田ネギ

    群馬県
    下仁田ネギ

    太くて短く肉質がやわらか。白い部分だけを食す加熱調理専用種です。煮ると甘くて、とろけるような独特の風味。タンパク質の1種で毒素の排出をスムーズにするミューシンや高血圧や疲労回復と風邪予防に有効とされる硫化アリルも豊富に含まれています。

    ご購入はこちら
  • 石倉ネギ

    群馬県
    石倉ネギ

    秋、冬穫り用の合柄赤系の一本葱。根長柔らかくおいしい。冬季休眠しないので苗の時に越冬しにくく消えやすいことや、耐暑性が弱く、秋早く蒔くと春抽苔しやすい等の欠点がありますが、低温伸長性があり、耐病性強く、栽培しやすいです。

    ご購入はこちら
  • 国分人参

    群馬県
    国分人参

    根の部分は60〜70cmで、葉を入れると1m以上にもなる長細い人参。色が鮮やかで甘みがあり香りも強いうえ煮くずれしにくく『幻のニンジン』と言われるほど高く評価されています。スティックやきんぴら、煮物、松前漬けなど、にんじん本来の味が引き立つメニューにはもってこいの人参です。

    ご購入はこちら
  • 岩槻ネギ

    埼玉県
    岩槻ネギ

    1株から数本の茎が伸びる分けつ性の青ねぎで、とてもやわらかく甘みが強い。茎は中太で葉はやや細く柔軟です。寒さにはあまり強くないので夏期に葉ネギとしての利用されます。

    ご購入はこちら
  • 新晩生小松菜

    埼玉県
    新晩生小松菜

    「小松菜」という名で売られているチンゲンサイなどとの一代雑種群と違い、これが本当の小松菜。柔らかく長期間収穫でき、トウ立ちが遅い晩生種です。

    ご購入はこちら
  • サントウサイ

    埼玉県
    サントウサイ

    白菜のように完全に結球することはなく、葉先が開いたままで大きく育っていく半結球の野菜といわれています。

    ご購入はこちら
  • 早生一寸ソラマメ

    千葉県
    早生一寸ソラマメ

    一つのさやに3粒の種子が入っていて、一粒が約3cmもあるそら豆。ビタミンB1、B2をはじめビタミンCも豊富に含まれ、初夏の現代人の健康サポートに優れた栄養素をもっています。

    ご購入はこちら
  • 三浦大根

    神奈川県
    三浦大根

    一般に流通している青首大根に対して、中ぶくれした形が特徴の三浦大根は、白首大根に含まれます。文字通り大根の産地として有名な三浦半島で栽培され名付けられたました。

ページ上部へ戻る

北陸・甲信越

  • 野沢菜

    長野県
    野沢菜

    長野県下高井郡野沢温泉村を中心とした信越地方で栽培される野菜です。別名として信州菜とも呼ばれます。草姿は半開張性で葉長が長く、葉はびわ形で光沢があります。収量性にすぐれ葉質が柔らかいので浅漬け用として普及しています。

    ご購入はこちら
  • 木曽紫

    長野県
    木曽紫

    本種は木曽地方の特産で、極めて耐寒、耐雪性に強く、丈夫で作り易い優良品種です。特に寒地の方面では人気が高く、葉は濃緑色を帯び、茎・根部共に赤紫色を帯びています。根部は径10cm高さ5cm位で扁円形を呈し、皮肌の光沢抜群です。
    肉質は緻密で甘味強く、漬物として食味(栄養価)満点です。

    ご購入はこちら
  • 切葉松本地大根

    長野県
    切葉松本地大根

    根長20〜25cm、根径5〜6cm。根形は尻づまり型で、やや下ぶくれ。葉はギザギザ。根色は白色を基本色としているが、首部は淡緑色である。肉質が緻密で歯切れがよく、辛味が非常に強いです。おろしや漬物によく利用されます。

  • 寄居蕪

    新潟県
    寄居蕪

    早生で春秋蒔ける平型の中カブ。根は白く肉質優れ、抽苔が遅いので「越後時無しカブ」とも呼ばれていました。肉質柔らかく甘味に富んだ根だけでなく葉にも栄養素が豊富でおいしいです。

    ご購入はこちら
  • 鶴の子

    新潟県
    鶴の子

    晩生、大粒の秋大豆。普通の大豆よりも二周り以上も大きな粒が特徴。豆の自然な甘み、皮の柔らかさ、滑らかな歯ざわりが美味です。

  • 打木源助

    新潟県
    打木源助

    宮重系源助総太と練馬系の打木在来種との自然交雑から選抜固定された品種で根径8cm、根長22〜25cmの短円筒形で尻のつまりがよい品種です。生育が旺盛で、病気に強い。肉質極めて柔らかで甘味が強く消化酵素やビタミンCも豊富です。

    ご購入はこちら
  • 勝山水菜

    福井県
    勝山水菜

    「水菜」という品種に分類されるだけあって非常にみずみずしく甘みもあるのです。

ページ上部へ戻る

東海

  • 宮重大根

    愛知県
    宮重大根

    宮重大根は宝永年間の時の殿様が大変気に入っていたらしく、献上品としても活躍していた野菜だったといわれており、そのお陰で宮重大根の名は全国にまで知られるようになりました。

    ご購入はこちら
  • 越津ネギ

    愛知県
    越津ネギ

    分けつ性が高く関東・東北地方で代表的な白根の部分を主に食用とする根深ねぎ(下仁田ねぎや千住ねぎ)と、関西以西で代表的な緑の葉の部分を食用とする葉ねぎ(九条ねぎなどの青ねぎ)との中間的な性質を持ち、柔らかく、葉の部分と軟白(白根)部分の両方とも食べられるのが特徴です。

    ご購入はこちら
  • 正月菜

    愛知県
    正月菜

    一般的には「正月菜」という名前で親しまれている小松菜より少し淡く黄緑色で、やわらかいのが特長の中部地方在来のツケナです。

    ご購入はこちら
  • 方領大根

    愛知県
    方領大根

    名古屋にある大高地区で育てられました。大高菜は放っておくと90cmにもなり味も変わる事がないので美味しく食べる事が出来るそうです。

    ご購入はこちら
  • 愛知早生白玉葱

    愛知県
    愛知早生白玉葱

    明治初期に導入されたフランスの品種の改良種とされています。知多郡横須賀町(現東海市)でつくられていました。形は平型、扁平で尻がくぼんでいて、色合いは白色。食味は柔らかく水分が多いうえ水にさらさなくても生で食べられるほど甘みが強いため、サラダに適していてます。

    ご購入はこちら
  • 治郎丸ほうれん草

    愛知県
    治郎丸ほうれん草

    日本種と洋種の雑種。品質の良い多収型品種。耐寒性が強くて秋冬作に適しています。種子は刺があり、葉は切れ込みが多く、やや細長い。根は桃色が鮮やかで、気温の低下により糖度が上がります。ほうれんそう特有の香りが高い品種です。

    ご購入はこちら
  • 金俵マクワ

    愛知県
    金俵マクワ

    果重が350g前後、皮は濃黄色で光沢があります。果実は俵型、果肉は白色で甘く、香りが良いのが特徴です。強勢で早期から雌花がよく着生する極早生種。

    ご購入はこちら
  • 野崎白菜2号

    愛知県
    野崎白菜2号

    極早生白菜の代表品種。結球しやすく肉質が柔らかく、甘みがあります。重さ二キロぐらいの中型の結球白菜。

    ご購入はこちら
  • 十六ささげ

    愛知県
    伝統野菜 十六ささげ

    さやは30cmくらいまでが柔らかく、甘みや風味があります。やや早生で、さやの先が紫色の濃いものは『姫ささげ』と呼ばれます。

    ご購入はこちら
  • 愛知縮緬カボチャ

    愛知県
    愛知縮緬カボチャ

    果実は約2.5kgと大きく、扁平。皮に独特のひだがあり、緑色で網状の模様がきれいです。果肉は周囲の緑と芯の濃い黄色が鮮やかで、粘質の食感です。皮(いぼ)の部分が伝統の味です。

    ご購入はこちら
  • かりもり

    愛知県
    かりもり

    真夏に濃緑色、円筒型で、約1kgの果実が収穫できます。別名『堅瓜(かたうり)』と呼ばれるように果実がしまりシャリシャリと食感の良い漬物になります。若取り果実の浅漬けも好評です。

    ご購入はこちら
  • 碧南鮮紅五寸人参

    愛知県
    碧南鮮紅五寸人参

    根の長さ18〜20cm。先の詰まった総太タイプ。なにより根の芯の部分まで濃紅色なのが特徴。碧南鮮紅五寸人参は寒さに当たると、グット甘味がのります。

    ご購入はこちら
  • 愛知本長茄子

    愛知県
    愛知本長茄子

    昭和10年頃より尾張地方北部で夏から秋に収穫する抑制栽培が始まり、作られるようになりました。長さ約25cmとなる長なすで、皮は濃い黒紫色です。暑さに強く、栽培容易な品種です。

    ご購入はこちら
  • 白花千石豆

    愛知県
    白花千石豆

    さやは6〜7cm、幅2cmも扁平で、柔らかく、独特の香りがあります。別名ふじ豆とも呼ばれています。名前の由来は、さやの形が千石船の帆に似ているとか、収量が千石もあるからと言われています。つるは2mにもなり白い花が咲き、由来どおりたくさんのさやがつきます。

    ご購入はこちら
  • 落瓜

    愛知県
    落瓜

    果実は800g〜1kgと大きく、灰緑色の皮に銀白色の縦縞がが入ります。果肉は柔らかく、強い芳香と優しい甘みが特徴です。適当な大きさにカットし、3%の塩水につけてから冷やし、デザートにします。つるから落ちたときが食べ時です。サラダにもなり、若採り果は漬物にもできます。

    ご購入はこちら
  • 早生トウガン

    愛知県
    早生トウガン

    果実は1.5〜3kgとなり白い粉がふきます。水分が豊富で柔らかく、特有の風味があるヘルシー野菜です。貯蔵性があり、栽培も容易な品種です。

    ご購入はこちら
  • 大高菜

    愛知県
    大高菜

    名古屋にある大高地区で育てられました。大高菜は放っておくと90cmにもなり味も変わる事がないので美味しく食べる事が出来るそうです。

  • 知多三号タマネギ

    愛知県
    知多三号タマネギ

    形は甲高の真円球で、600g〜800gの大玉。皮は黄色みが強い。水分が多く、肉質は柔らかい。甘みが強いのが特徴です。

  • アオジソ

    愛知県
    アオジソ

    しそは中国原産の一年草で、栽培品種は青じそ・赤じそに大別され、青じそが大葉です。香りの成分である「ペリルアルデヒド」には、強い防腐作用があり、カロテン、ビタミンB1・B2は、にんじんやパセリよりも多く含んでいます。

    ご購入はこちら
  • 守口大根

    岐阜県
    守口大根

    太さは2cm程度ですが長さは120cm、150cm以上になることもあるという大根。身が締まって硬いため、ほとんど漬物に使用され「守口漬け」なります。

  • 御薗大根

    三重県
    御薗大根

    宮重大根と練馬大根とを交配させてできたと言われる白首大根系の品種である。一般的な大根と比べると全体的に白くて長い。その場で丸かじり出来るほど美味しく、辛くなくみずみずしいです。食物繊維が多く干すと甘みが増します。

ページ上部へ戻る

関西

  • 万木蕪

    滋賀県
    万木蕪

    長さ50〜60cm、他の赤かぶとは違い茎は白く、葉は柔らかくなめらかで、切れ込みがありません。根っこの部分は、9〜10cmほどの球形で全体はややうすい鮮やかな紅色でつやがあります。切ると中は白色です。肉質は、軟らかすぎず、堅すぎず、漬物にすると適度な歯触りになります。少し古風な赤かぶに白かぶの良いところを混ぜたような品種です。

    ご購入はこちら
  • 日野菜

    滋賀県
    日野菜

    滋賀県日野町が発祥地のカブラの一種。根の上部が赤紫色、下が白と色分けされており、茎や葉脈も鮮やかな赤紫色をしています。辛味と苦みをほど良く含んだ味わいが特徴的 です。

    ご購入はこちら
  • 山田大根

    滋賀県
    山田大根

    先がねずみのしっぽの様なのでねずみ大根とも呼ばれます。長さ25cm余り。色白でキメが細かく、よく締まったやわらかな肉質。上品な味わいです。

  • 万願寺とうがらし

    京都府
    万願寺とうがらし

    全く辛くない甘唐辛子で、10cmを越える大きさの大型唐辛子で、ガクに近いところが少し絞り込んだような、細長い形をしています。特有の甘味と風味があり、果肉が厚く、柔らかい。

    ご購入はこちら
  • 聖護院大根

    京都府
    聖護院大根

    重さ3〜4kgにもなるという大型の丸い大根。大根の太りが早くとても作りやすいです。身は甘くて柔らかく、なんともいえない口あたり。おでんなどの煮物に最適です。

    ご購入はこちら
  • 壬生菜

    京都府
    壬生菜

    京みず菜の自然交雑でできたと言われ、葉が細長くへらのような形をしているのが特徴。
    中京区、壬生寺付近で多く作られていたのが名の起源。水菜には無い、ピリッとした辛みと香りがあります。

    ご購入はこちら
  • 伏見とうがらし

    京都府
    伏見とうがらし

    別名「伏見甘長とうがらし」果実は大型で長さ15cm、重さ15g程度の中晩生種で、果肉はピーマン並に分厚くて柔らかく甘味があり、種子も少なく独特の風味がある。ビタミンCが豊富で免疫力の強化やがんの予防にもなります。

    ご購入はこちら
  • 九条ねぎ

    京都府
    九条ねぎ

    京都市南区九条地区を主産地としている葉ネギの一種だが、もともとは自然の中に自生していたものが原種といわれております。

    ご購入はこちら
  • 河内一寸ソラマメ

    大阪府
    河内一寸ソラマメ

    そら豆中最大粒の大阪伝統種。実の一粒が一寸(3.3cm)ほどの大きさになります。芭蕉成と呼ばれる品種から、品種改良され、二粒莢が六、七割を占めます。。耐寒、耐病性強く、栽培し易い晩生種。

  • 貝塚早生

    大阪府
    貝塚早生

    4、5月に収穫できる極早生の黄タマネギ。形は扁平で約250gと小ぶり。煮物にして糖度高く、サラダにしてもおいしい。極早生タマネギの中では貯蔵性(夏まで)もあります。

  • 泉洲黄

    大阪府
    泉洲黄

    泉南地域で明治時代に選抜された黄色玉ねぎ。球形は扁平で水分を多く含むため肉質はみずみずしく柔らかく、甘味が強い。

    ご購入はこちら
  • ウスイエンドウ

    和歌山県
    ウスイエンドウ

    明治時代に羽曳野市碓井地区にアメリカ合衆国から導入され、改良されたむき実用えんどう。小型でさやと豆は薄緑色。4〜6粒程度しか入っていないが一粒が大きく甘みが強いのが特徴です。

    ご購入はこちら
  • 和歌山大根

    和歌山県
    和歌山大根

    根の長さ30p位、直径8pぐらいの丸尻で円筒形。耐病性強く、生育旺盛。根部が短めで先まで太った下太りの形と、程よい辛味と甘味を持ち合わせているのが特徴です。

ページ上部へ戻る

中国・四国

  • 津田蕪

    島根県
    津田蕪

    松江市津田地区一帯で栽培されている赤かぶ。地上に出ている部分が赤紫、地中の部分が白色、そしてまが玉のように曲がった形をもち、漬物に利用されています。

    ご購入はこちら
  • 広島菜

    広島県
    広島菜

    日本三大菜漬けの一つ。葉はひときわ鮮やかな濃緑色。幅広・肉厚で、縦に平行した葉脈に特徴があります。草丈は50〜60cm、2〜3kgに達するほど大きく育ちます。緑黄色野菜としての栄養価も高く、ビタミン、食物繊維も豊富。

    ご購入はこちら
  • 金時人参

    香川県
    金時人参

    根の長さは30cmほどで細長く先がとがり、色は鮮紅色でつやがあります。肉質は柔軟で甘みがあり、煮くずれしにくい。お正月には欠かせない品種です。

    ご購入はこちら
  • 伊予緋蕪

    愛媛県
    伊予緋蕪

    松山市出身の正岡子規の俳句にも登場する、鮮やかな紅色のカブ。かつては、松山城が見える畑でないと育たない、とも言われていたほどの松山を代表する伝統野菜です。

ページ上部へ戻る

九州

  • 大葉シュンギク

    福岡県
    大葉シュンギク

    北九州市オリジナルの野菜で、通常の春菊とくらべて、葉が丸くてギザギザがなく、肉厚なのが特徴。春菊特有のにおいもひかえめでアクも少なくやわらかいので生で食べることもできます。

    ご購入はこちら
  • カツオ菜

    福岡県
    カツオ菜

    この野菜があればかつお出汁を取る必要が無いと言われるほど風味が良く、味にコクもある事からこの名前がつきました。葉はちぢみがあり非常に濃くて深い緑色をしています。カルシウムの含有量が多く、カロテノイドやビタミンCも豊富。大葉で肉厚なので食べ応えもあります。おひたし、漬物、煮物、汁物、鍋に最適です。

    ご購入はこちら
  • 博多据蕪

    福岡県
    博多据蕪

    福岡市箱崎で品種改良された切葉天王寺かぶ系の品種。暑さに強く、生育が極めて早く、丈夫で作り易いため家庭菜園に最適な極早生中型蕪です。葉は鮮緑色を帯び、根部は稍々腰高の扁平型で径9〜10cm高さ6cm位で形状よく揃う。肉質は緻密で甘味に富み、漬物・煮物として大好評です。

    ご購入はこちら
  • 桜島大根

    鹿児島県
    桜島大根

    桜島付近で昔から栽培されてきたこの地方の伝統野菜です。特徴はなんといってもその大きさで通常のものならば6kgは普通。大きいものになると30kgを超えるものもあるといいます。

    ご購入はこちら
  • フダンソウ

    鹿児島県
    フダンソウ

    フダンソウはホウレン草と同じアカザ科の野菜で、沖縄などの西側で多く栽培されています。暑さ、寒さに強く一年を通じて栽培することが可能な野菜です。

ページ上部へ戻る