あいちの伝統野菜シリーズ
伝統野菜 治郎丸ほうれんそう(ほうれん草の種)

内容量 40ml (約800粒)
当店特別価格 ¥ 330 本体価格 ¥ 300
[ 3 Pointプレゼント]
内容量を選択してください。 (必須)
全国どこでも送料一律385円(税込)
(代金引換は除く)
2,750円以上(税込)お買い上げいただくと送料無料
※発送方法・到着日指定不可

下記のお支払方法がご利用いただけます

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 代金引換

クレジットカード

※代金引換は、送料385円(税込)+代引き手数料495円(税込)となります。

来歴
稲沢市治郎丸が原産地とされています。
昭和の初め頃、在来の品種と洋種(ホーランジャ)の自然交配により誕生しました。
特性
葉は切れ込みが多く、やや細長い形をしています。
根部の桃色が鮮やかで、ほうれんそう特有の香りが高い品種です。
気温の低い時期に作るといっそう甘みが増します。
とげのあるタイプの種子です。
利用法
沸とうした湯で手早くゆでて水切りし、急冷すると色鮮やかなおひたしができます。濃いめのだしで食べるのがおすすめ。和洋中いろいろな料理の緑葉野菜として重宝です。
土づくり
・ほうれんそうは酸性土壌に弱いため、種蒔き前に苦土石灰を10m²当たり1~1.5kg施し、よく耕して土を中和させておきます。
・肥料は堆肥、油かす、化成肥料等を施します。
  
たねまき
・9月上旬から11月上旬が播種適期です。
・ほうれんそうの種子は種皮がかたく発芽しにくいので、一昼夜水に浸し清水で洗ってから蒔くと良いです。
・60cm位のうねを作り、すじまきをします。
・播種量は、10m²当たり1.2~1.5dlが目安です。
栽培のポイント
・発芽後、生育に伴い良い苗を残しながら2~3回位間引きを行い、大きくなったものから収穫します。
・10月から2月中旬にかけて収穫できます。
・低温期の栽培は、トンネル被覆をします。

ぐるたねのおすすめ

  • お家のプランターで育てられる!使い切りサイズ野菜の種
  • 初めての人でも安心!難易度低め、失敗しない野菜シリーズ
  • アサヒ農園と言えば…伝統野菜の種「伝統野菜って何?」