かぼちゃ 「和心」 の育て方(立体栽培)

かぼちゃ 「和心」 の育て方(立体栽培)

和心 
 
 


 
商品ページはコチラ!
 
 
【 和心栽培方法(立体栽培)】
1 .定植の二週間前に苦土石灰100g/㎡と堆肥2~3kg/㎡を入れて耕します。
2 .定植の一週間前に化成肥料80kg/㎡を入れて畝(うね)を作ります。
3 .1株ごとに60cm~1mの間をあけて定植します。
4 .つるを誘引する為のネットを張ります。カボチャは実がなると重くなるので、丈夫な支柱をなるべく土に深く挿しましょう。
5 .本葉が6~8枚出たところで、親づるの先端を切って下さい(摘心)。
6 .約一週間後元気のよいつるを3本残して、残りは摘除します。
7 .つるをネットに誘引します。ネットの前後を交互に通るように上に伸ばしていきましょう。
8 .つるが50~60cmの時に化成肥料40g/㎡を追肥します。
9.実が落ちないように、果実にネット(みかんのネット等)をつけてあげると安心です。
10 .花が咲いてから30~35日くらいが収穫の目安です。
11. 収穫してすぐはバター炒めやサラダなど、塩気のある味付けに向いています。 2~3カ月貯蔵しオレンジ色になると甘みが乗り、煮物などに向くような味わいになります。 それぞれの味わい方を楽しめますよ。
 
 
【ワンポイントアドバイス】
 
カボチャは雄花の花粉が雌花のめしべに付かないと実がなりません。 昆虫がいれば自然に受粉しますが、人間が助けてあげるとスムーズです。 朝早く、雄花の花粉をめしべの先端につけてあげましょう。 立体栽培にすると省スペースになり、今までカボチャを作れなかったサイズの畑でも 作ることができます。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか(^^)
 
 

商品ページはコチラ!

 
 
【用語説明】
[定植]
・苗を畑に植えること。
[苦土石灰]
・マグネシウムが含まれている石灰肥料。
[堆肥]
・有機物が含まれる肥料。主に土づくりに使われる。
[化成肥料]
・窒素、リン酸、カリ(無機質肥料)等を含む複合肥料。
[畝(うね)]
・作物を育てるために土を盛り上げたところ。