7月のタスクリスト - ぐるタネ野菜図書館

堆肥の目的(土づくりのコツ)

良い野菜を作るためには「いい土作り」が重要と言われています。良い土づくりで、無駄な肥料・農薬を使用しなくても良くなったり、病気に強く美味しい野菜が収穫できるといいですよね!今回は野菜にとって「良い土」とはどんな土で、どうしたらいい土を作ることができるのをご紹介できればと思います。   「良い土って何?」 良い土とは...
READ MORE

効果的な肥料の与え方

  葉菜類・果菜類・根菜類というカテゴリに以外にも野菜の種類によって養分の吸収の仕方が違います。肥料を与えなくても野菜ができる場合はありますが、良い野菜を作るためには「野菜の品目に応じた肥料計画」をする必要があります。   基本的な考え方は3つ 「前半型」「コンスタント型」「後半型」 これから作る野菜がどのタイプな...
READ MORE

夏野菜が巨大化してしまいました!

夏の果菜類には、開花から収穫までの日数が短い、若採りして食べる野菜が結構あります。 そのような野菜は収穫を逃すと、すぐに<<<巨大化>>>してしまいます。 ナスは開花してから2週間後が採りごろ。シシトウも2週間後。キュウリは7~10日。 本当に早いですよね(汗) でも巨大になったからといって、食べられないほど味が落...
READ MORE

面倒な作業も習慣に☆

面倒な作業のひとつ…草抜き!! 土が乾いていると抜けなくて、嫌になりますよね。 後回し、見てみぬふりをして気づいたら…!!! なんて経験ありませんか?(笑) 少しでも雨の降る7月の間に、片付けてしまいましょう。 水やりをしながら、野菜を観察し、ついでに草を抜く。習慣になり、日頃からできれば苦になりませんよ♪
READ MORE

ゴーヤやオクラの収穫も始まります

そろそろゴーヤやオクラも実を付ける時期でしょう。 オクラの実はすぐに生長し、かたくなってしまうので早めに収穫しましょう。 トウモロコシやズッキーニは早い時期に作付けした場合は、そろそろ収穫が終わりになります.
READ MORE

ニンジンの種まき

ニンジンは寒くなる前に、十分に根が太れるよう、6月下旬~8月上旬までには種をまきます。 土が乾いていると発芽しにくくなってしまうので、雨が降らないときは、水やりをしましょう。
READ MORE

集中豪雨に注意

梅雨明けが待ち遠しくなる頃、集中豪雨に気をつけてください。 せっかく播いた種が流されたり、土が緩んで苗が倒れたり…。 さらに気温は30度、湿気95%を超える高温多湿の日が続くため、病害の起こりやすくなっています。 6月と同様、水はけをよくする工夫をしましょう。 たまには雨の中、畑に足を運び、畑の状況を把握しておくこ...
READ MORE

果菜類には防鳥対策

スイカやトマト、キュウリにも防鳥が必要になります。 カラスがもっとも好むスイカの収穫は7月下旬以降です。 それまで大事に守りぬかねばなりません(笑)しかし未熟だからといって油断していると、突きに来ます。 トマトはスイカほどではありませんが、赤く色づくと美味しそうに見えるのか、食べに来ます。 キュウリも時々被害にあり...
READ MORE